2009.09.24 Thursday 16:38

秋の石けん 枇杷


植物はスゴイ!

私たち人間や動物と違い移動することができない植物。
生き延びていくには、害虫を寄せ付けないすべを持ちながら、
まわりの自然環境に応じて生長している。
そう言えば、、、植物は大きくなるための養分を自ら作り蓄えている
また、私たちや動物・昆虫から身を守るための毒を持ち自らを守る植物もある。
そんなことを考えると、植物の力に改めて感心してしまう。

石けんを作り始めてから、
数ある植物の中、よりお肌に効果的なものはどれか?と探し続けている。
とは言え、口から身体の中に取り込んで・・・というのではほとんど意味がない。
私たちの石けんには肌から取り入れて効果のあるもでないと使わない。

そんな私たちが今回、カオリメグミの植物リストから次の3つを選んだ。
先にブログで紹介した石けん”カモミールヨーグルト”にカモミールジャーマンを
昨秋にひきつづき今秋も用意した石けん”月桃黒砂糖”には月桃(ゲットウ)を。
そして、今回初のご紹介となる石けん”枇杷”に使った枇杷(ビワ)の葉。
こちらの葉はこれまで常に名前が挙っていたものの、
満足いくものが入手できずにいたのだが
カオリさんが今年の夏、宇治茶の産地で有名な京都の和束(わづか)から
大きな葉を大振りにちぎったオーガニックの枇杷葉を入手してきた。
厚みのあるしっかりとした葉に鼻を近づけると、
干し草と柏餅を併せ持ったような懐かしい薫りがした。

枇杷の葉は、古くから美容によいとされてきた和のビューティーハーブ。
スキンローションやフェイシャルオイルなどに使うと
保湿作用がありしっとりとした肌になると言われ、
ハーバルバスとして使えば、殺菌力に優れ消炎作用があるため、あせもや湿疹などの
トラブル肌にもよいと言われる。今回そんな枇杷の葉をお茶とパウダーでダブルで使ってみた。
そのうえ肌荒れや傷の修復をするといわれるレッドパームオイルも加えベースに配合。
エッセッンシャルオイルには、
湿疹やニキビ肌によいといわれビターでオレンジのような香りのベルガモットと
皮脂のバランスを整えるといわれライムのような香りのジュニパーベリーをブレンド。
秋の空気を感じる落ち葉色の石けんで、身も心も癒される和の恵みをじっくり堪能してください。

この秋、和の植物パワーで美人さんを目指そう!

メグミ

2009.09.16 Wednesday 17:00

秋の石けん カモミールヨーグルト


秋の夜長に読書。読書の友にはあたたかいハーブティー。
おすすめは、太陽をたくさん浴びた干し草のような甘い香りのカモミールジャーマンティーだ。
とは言うものの、、、この一杯で、お気に入りの本に没頭できる日もあれば、
同じ行を何度も何度も読み返しながら睡魔と戦う日もあったり
読書には良いような悪いような、カモミールティー。。。

そう言えば、、、このカモミールは
ピーターラビットのおはなしにも登場するハーブだったことを思い出す。
ピーターのお母さんは、お腹の具合がよくないピーターに
「寝る前に大さじ一杯ですよ」と言い、カモミールを煎じて飲ませるのだ。
しかもピーターのお母さんはそのカモミールの煎じ薬を始め
”うさぎたばこ”と呼ばれるラベンダーを売って子供たちを育てている。
ピーターラビットの世界では、ステキな表現力で日常的にハーブが登場するものだから
カモミールティーはお腹の具合がよくないときに飲むものだと
私自身知らず知らずのうちに学んでいたことにも驚く。

とは言え、、、私の睡魔も呼んでしまうと思われるカモミールとは。。。

カモミール(和名をカミツレ)は、たくさんの種類があり
その中でもカモミールジャーマンとカモミールローマンは優れた薬効がある。
ハーブティーとして飲めば、、、ストレスや不安、不眠に有効で気持ちを落ち着かせる。
また、胃の不調を改善する作用があるので、吐き気をしずめたいとき、
食べ過ぎたとき、食欲のないときにも役立つ。
カラダを温める効果もあり、風邪のひきはじめや冷え性改善にもなるらしいうえ
おだやかな作用をするので子供にもおすすめ。
アロマバスにすれば、、、お肌にもよく身体の疲労回復になり
ティーを使って湿布にすれば、、、傷や湿疹、火傷、目の疲れに
うがいをすれば、、、のどの痛みや口の荒れに効く。
こんな具合に、古くから民間薬として親しまれてきたハーブなのだ。

やはり睡魔に襲われてしまう原因は、、、カモミールだったのか。。。
ん?そう考えると、やはりカモミールティーは眠れない夜の読書におすすめということか?

などと思い、頭の中にたくさんのカモミールを咲かせていた私が
秋の石けんでカモミールをイメージするのは当然の成り行きとなった。
そして、カオリメグミ秋の石けん発売に向けた企画のミーティングで・・・

メグミ:カモミールの石けんを作りたいな
カオリ:人気のカスピ海ヨーグルトをブレンドしたらステキですね
メグミ:よりやさしい石けんに!と考えると、、、ハチミツもイイよね
    エッセンシャルオイルもカモミールを軸にやさしいブレンドでいこうよ〜
カオリ:そうしたら、、、とてもオーソドックスですが、ラベンダーはどうですか?
メグミ:ビンゴ!それはまさに!!ピーターラビットの世界!!!

今秋のヨーグルト石けんは、ピーターラビットのお母さんが作りそうな
ココロにもカラダにもやさしい「カモミールヨーグルト」をご用意。

甘い香りで傷や湿疹にもよいといわれるカモミールジャーマンを
インフューズド(漬け込み)オリーブオイルとティーでダブル抽出したベースに、
美白作用が期待できるといわれるカスピ海ヨーグルトと
保湿効果や抗菌・殺菌効果が期待できる野花の香りのハチミツを配合。
エッセンシャルオイルにも、甘酸っぱいりんごのようなやさしい香りのカモミールローマンに
相性のよいハーブの香りのラベンダーをブレンド。
クリーミーでスベスベな使い心地の泡がつくりだす甘くやさしい香りに、ココロもカラダも癒されて。

この秋、本とハーブティー、そしてカモミールヨーグルトを。

メグミ

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

copyright © 2007-2015 kaori+megumi All Right Reserved.