2010.03.12 Friday 18:35

春の石けん マカダミア


日常的に使っているマカダミアナッツオイル。
若々しく美しい肌を保つためにとハンドメイドクリームのベースオイルや
疲れた肌の復活を期待するマッサージのベースオイルに、
美味しいサラダにするドレッシングなどなど
もちろん、カオリメグミの石けんのベースオイルにも
あの手この手で活用している。

とにかく香りがすばらしい!
ナッツ類特有のあの香ばしい香りが、なんともたまらないのだ。

実はこのマカダミアナッツオイルは、
私のような年齢を重ねた女子にこそおすすめしたい。
なぜなら大きな特徴として、皮膚の細胞の再生に大きな役割をし
人間の皮脂に最も近い成分といわれる

パルミトレイン酸(脂肪酸)を多く含んでいるのだそう。
結果、美容用として使った場合、

若い頃にはたくさんあったであろう

パルミトレイン酸を肌から摂取できるため、

老化肌の若返りが期待できるといわれているからだ。

おぉ〜な話ではないか。

そう言えば、このマカデミアナッツオイルでひとつ思い出したことが、
数年前まだまだオイルの詳しい情報など知らないでいた私に
カオリさんがアロママッサージをしてくれたときのこと。

ベースに使うオイルにマカダミアナッツオイルを選んだ私。
エッセンシャルオイルの香りに包まれ、

気持ちよくマッサージをしてもらった後に

「もしオイルが気になるようならタオルで拭き取ってくださいね。」

と声をかけられふっと自分の肌を触ってみた。

マッサージのおかげでしっとりとした肌の上には、、、
あれ?無い?無い?何も残って無い!
「オイル残ってないみたい。。。

全部お肌に浸透しちゃったのかな?」と私。
カオリさん、ちょっぴり言いにくそうに
「20代の若い方とそうでない方では、

施術中に使うオイルの量も違うんですよ。。。
若い方の場合、余ったりもするんですが、、、

今日は使い切ってしまいました。。。」
なような内容のことを話してくれた。
それって、つまり、カオリさんが私のために用意してくれた

適量のマカダミアナッツオイルを、砂漠化していた私の肌が、

潤いを求めて一滴残らず吸収してしまった。
という簡単なことをようやく理解した私だった。

それくらい大人肌の女性には足りていないなにかを
このマカダミアナッツオイルは持っているのだということを、

そのとき学んだ。その後いろいろな情報を得るに従い、

それがおそらくパルミトレイン酸に違いないと確信。

カオリメグミでも毎年、春夏シーズンにはご紹介し
好評をいただいてきた「マカダミア」の石けんだけれど
今回は、エッセンシャルオイルもちょっぴり高価なものをブレンドし
大人の女性に使って納得!していただけるレシピを目指してみた。

肌にやさしくなじみ大人肌によいといわれる

マカダミアナッツのオイルと
石けんをグレードアップするのによく使われる

スイートアーモンドオイルをふんだんに使ったマカダミア。

今回エッセンシャルオイルには
肌をやわらかくしてくれるといわれる

パウダリーで柔らかな甘い香りのサンダルウッドと、
女性ホルモンを調整するといわれる

ビターな草の香りのクラリセージをブレンド。
そしてトップにはサンダルウッドパウダーのシックなマーブル模様と

MACADAMIAの刻印を。
やさしい春の香りのきめ細かい豊かな泡は、

まるで羽毛に撫でられているような心地よさ。
贅沢な大人の世界に身も心もゆだねてみて。

この春、大人の自分を磨いてあげよう。


メグミ


2010.03.10 Wednesday 12:27

春の石けん ガーデンリッチ


どうしても気になるエッセンシャルオイル(精油)があった。
エッセンシャルオイルの本を開いても、必ず眼が止まってしまうほど
興味が湧かずにはいられない魅惑的なエッセンシャルオイル。。。

名前は”バイオレットリーフ”
ここでいうバイオレットとは”スミレ”を指す。
そうちょうど初春から春にかけて花壇を明るく彩っているあのスミレの仲間だ。
オイルの原料となるスミレは”スイートバイオレット”、
別名”ニオイスミレ(匂い菫)”と呼ばれヨーロッパ西部が原産の植物。
甘くおいしそうな香りのする花びらは、砂糖のシロップやハチミツに漬け
お菓子の飾りにするエディブルフラワー(食用花)にもなる。
ただし、エッセンシャルオイルになるのはハート型の葉の部分。
草原を想像させるような力強い草の香りがして
不眠症の改善、怒りや不安などマイナスの感情をしずめる力を持ち
お肌には抗炎症や殺菌効果があるともいわれ
フランス王妃マリーアントワネットが愛した香水としても有名だという。

いったいどんな香りなのだろう?
香水として愛されるほどステキな草の香りって?
やはり一度、香りを確かめないと!と思い
石けんに使用するには高価なエッセンシャルオイルなのだが、
さっそくお取り寄せをしてみた。

オイルの小瓶を開けると・・・
湿度の高い森の中にいるような、深い緑と滝から立ちのぼるオゾンがミックスしたような
なんとも表現しがたい香りが印象的。
見るからに濃度のありそうなオリーブ色のオイルを空気に触れさせると、
最初の印象から少し離れ、雨上がりの草原の草をイメージさせる香りへと変化をした。
実際カオリメグミで育てているニオイスミレの香りと比較してみると、
あたりまえではあるが、なんとなく同じ仲間の香りがした。
でも、フレッシュな葉にあってオイルに足りないなにかがあると感じた私は
交互に香りの確認作業を、来る日も来る日も続けてみた。
結果、フレッシュな花から微かに漂う甘い香りが
葉から抽出したエッセンシャルオイルにはまったくないことに気づき、少し残念な気持ちになった。
私としては、ニオイスミレの花と葉が混ざり合った香りがベストだと感じていたからだ。
そんな私が次にしたことは言うまでもなく、
いろいろなフローラル系のエッセンシャルオイルとのマリアージュを試してみることだった。

その後、ようやく納得のいくブレンドも完成し
このリッチな香りを石けんにするのならベースオイルもリッチにしないと!と思い
今回、ベースオイル&エッセンシャルオイルにこだわった
贅沢な石けん「ガーデンリッチ」が誕生した。

老化防止効果のある成分を豊富に含んでいるといわれるヘーゼルナッツと
ミネラルが豊富で保湿力の高い成分が多いといわれるスイートアーモンドをたっぷりベースに。
ワンラックアップさせた、桜色の花のカタチがかわいいリッチバージョン。
エッセンシャルオイルには、香水にもよく使われ深い草の香りで
ちょっぴり高価なバイオレットリーフに、甘い花の香りのパルマローザをブレンド。
ふくふくとしたクリームのようなきめ細かい泡から漂う深緑の香りでリッチな時間を。

この春、気分はマリーアントワネット♪


メグミ

2010.03.09 Tuesday 11:17

春の石けん ハニーヤロウ


ちょうど二年前の春だった。
体調を崩し血圧がちょっぴり高めになってしまった私は”ヤロウ”というハーブに出会った。

そもそもこんなことになってしまったのは、、、
長年積み重なった不規則な生活から
内蔵や血管の収縮・拡張、ホルモン分泌などを調整する自律神経が不調になり
身体の動をつかさどる交感神経と静をつかさどる副交感神経のバランスが崩れてしまったからだ。
心療内科のお医者さまには”自律神経失調症”と診断され
循環器科のお医者さまには”緊張性の高血圧症”と診断された。
こんな私のような症状には、、、生活習慣を改善することが一番重要だといわれ
規則正しい生活、適度な運動そしてバランスのよい食事を心がけるという
簡単のようで難しい生活を提案された。

それからの私は、早寝早起き、体内時計をリセットする朝の日光浴、
ストレッチ&ウォーキング、腹八分目の食事などなど、できることから始めつつ、、、

食事の一環でハーブティーを取り入れることを思いつき
手持ちのハーブティー辞典を片手に
緊張をしそうなときには・・・
抹消血管を拡張する働きのある”ヤロウ”に
交感神経中枢の働きを正常にする効果がある”パッションフラワー”と
鎮静作用のある”ラベンダー”をブレンドし
循環器系を強化するためには・・・
抹消血管を拡張する働きのある”ヤロウ”に
血圧を下げる働きのある”ホーソンベリー”と弛緩や鎮静効果のある”リンデンフラワー”
をブレンドし、ヤロウを軸としたハーブティーを気の向くままに飲んだりもした。

そのかいあってか?もしくは大きな努力が必要だった生活改善のかいあってか?
今現在の血圧は、至って正常値に戻っている。

そんな出会いをした”ヤロウ”は、
見た目はとても地味な植物ではあるけれど、密封された袋の口を開けた途端
カモミールを少し辛口にしたような甘酸っぱい香りが鼻をくすぐる。
こんなにステキな香りのするハーブでありながら
私たちの肌にとっても、収れん、抗炎症、殺菌の作用があるといわれている。
そのうえ嬉しいことに、美しいブルーのインクを落としたような
青色でちょっぴり高価なピュアエッセンシャルオイルまで採取できるのだ。

そこで今回この幸せを運んでくれそうないい香りの”ヤロウ”を使い
一杯のハーブティーを入れるような気持ちで春の石けんレシピを作ってみた。

甘酸っぱい香りで傷や炎症を起こした肌にもよいといわれるヤロウを
じっくりと時間をかけてインフューズド(漬け込み)したオリーブオイルとティーで
ダブル抽出したベースに、保湿効果や抗菌・殺菌効果が期待できる野花の香りのハチミツを配合。
エッセンシャルオイルにも、甘くさわやかな香りのヤロウブルーに
若返りのハーブと呼ばれる草の香りのローズマリーをブレンド。
ハーブ調の甘くやさしい香りに包まれ、新しい季節を迎えてほしい。

この春、新たなハーブと出会えるチャンスです!


メグミ

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

copyright © 2007-2015 kaori+megumi All Right Reserved.